7月 25, 2014
"中学の時に作文が上手な女の子がいて、彼女の付けるタイトルは、意外性のある想像力を掻き立てられるものだった。
タイトルも素晴らしいが、本文はその何倍も読む価値のあるものだった。
俺たちが「修学旅行の思い出」「金閣寺を見て」なんて駄文を書いている中、「もみじ」というタイトルなんだよ。
読んでみると、いきなり帰りのバスから始まるの。で、リュックにもみじの葉が紛れ込んでいるのを見つけて、「どこのもみじだろう?」と思い返すのが本文。
「○○でリュックを開けたけどもみじはあったかな?帰ってから写真を見てみよう」「○○のもみじはキレイだった。あそこのだったらうれしい」とか。
結局どこのかは分からないんだけど、一緒に行ったから「あそこにもあったよね」と、話したくなるんだよ。

一度コツを聞いたら、マンガを描くのが趣味で起承転結がどうのこうの言っていた。それは俺には無理だなと思った。
もう一つ、タイトルは最後に付けると言っていた。これなら俺にもできそうだったので、真似している。"

読むとがっかりするタイトル10選 (via 719043)

(元記事: eternityscape (719043から))

7月 25, 2014
"「東大卒は頭はいいが社会で使えない」ってのと「IQが20以上離れていると話が噛み合わない」ってのは多分繋がってるんだよな"

https://twitter.com/suzuki_buffalo/status/491695600912453632

光ファイバで送られてくるトラフィック全部を9600ボーの電話線では捌けない.

(via bgnori)

(futaから)

7月 23, 2014
"ほとんどの数学者がトポロジーを使ってポアンカレ予想を解こうとしたのに対し、ペレルマンは微分幾何学物理学の手法を使って解いてみせた。そのため、解の説明を求められてアメリカの壇上に立ったペレルマンの解説を聞いた数学者たちは、「まず、ポアンカレ予想を解かれたことに落胆し、それがトポロジーではなく微分幾何学を使って解かれたことに落胆し、そして、その解の解説がまったく理解できないことに落胆した」という[1]。"

ポアンカレ予想 - Wikipedia (via jinon)

(plasticdreamsから)

7月 21, 2014
"

イングランドとはグレートブリテン島南部の地域のこと

ケルト系のブリトン人部族が住んでる

ローマ帝国が乗り込んできて征服。現地住民はローマ文化に影響されつつ緩やかに同居

ローマ帝国が衰退期に。本国がやばいのにこんなところに兵力避けねえよってことでローマ軍団が撤退する

北ドイツからアングロサクソン人が侵入。ケルト系住民はウェールズや南スコットランドへ追いやられる

アングロサクソン人の少王国が乱立。特に有力な国は七つあったことから七王国時代と呼ばれる

ヴァイキングに殴られたりしつつ七王国のうちのウェセックス王国が最終的に勝ち残って「イングランド王国」と呼べるものができる

なんやかんやあって王位継承でもめる。

とりあえずアングロサクソン人の有力者ハロルドが即位する

しかし北フランスのノルマンディー公が継承権を主張。ハロルドを倒してウィリアム一世として戴冠。

以降本格的なイングランド史の始まり

"

一レスでわかる中世前期イングランド歴史 - 暇人\(^o^)/速報 (via darylfranz)

(gkojaxから)

7月 21, 2014
"実は物書きにとって深刻な問題で、特に学園物を書く人は「リットルの記号が小文字から大文字になった世代」「鎌倉幕府が1192から1185になった世代」「高校数学の分類が変更された世代」は調べておきたいところ。"

Twitter / mao_yumemori (via rpm99)

(sivamuramaiから)

7月 20, 2014
"

引用は

とくに短い語句の引用は

方向性をもつ

矢印 いや

矢そのものになる

"

goozen-no-goo (via ak47)

(reretletから)

7月 19, 2014
"慎重すぎる人がこわがる「損失」のなかに「機会損失」が含まれてないのが不思議"

Twitter / daichi (via shibata616)

―「機会損失」は一般的に言う「損失」とは全く性質が違うので当然です…

(ouchchicから)

7月 13, 2014
"

例えば、ロサンゼルスの教科書の副読本を訳してみると、こんな内容が書かれていた。

 「南京大虐殺として知られる事件は、戦争の恐ろしさを証明しました。2カ月間に、日本兵は7000人の女性をレイプし、数十万人の非武装兵士や民間人や殺害し、南京市内の3分の1を焼き払いました。その後、日本兵の銃剣の練習台にされたり、機関銃で撃たれて穴に放り込まれるなどして、40万人の中国人が命を奪われました」

 まさしく「悪魔の軍隊」という感じだ。こういう教育をほどこされた子どもたちがオトナになると、日本の悪事を止めるためには広島の14万人や長崎の8万人は、「平和のためには避けられなかった犠牲」という考えになる。

"

Business Media 誠:窪田順生の時事日想:なぜアメリカは「原爆投下は正しい」と言い張るのか (1/3)

―「広島と長崎」を「正当化」するための露骨な「教育」ですね。さすが米国店

(koshianから)

7月 13, 2014
"

実は以前、世界は左側通行だった

世界が左側通行だった最古の証として、古代ローマ(紀元前753年〜紀元前509年)の遺跡から発見した、ピストン輸送で走っていた荷車の轍(わだち)の形跡から、左側通行になっていた事が判明しています。

古代ギリシャや古代エジプトでも、交通インフラは充実していないものの、おおむね左側通行だったことを考古学の専門家が分析しています。

「利き手」と「通行方向」が密接な関係にあった

3万年前から世界人口の88〜90%が「右利き」だといわれていて、左利きの割合が右利きより多い民族は世界には存在しないそうです。この利き手と、世界が左側通行だった理由は密接な関係にありました。右利きの場合、左側の空間よりも、利き手の右側の空間が広くなるように、位置をとるのが合理的です。

中世以前の旅路は、極めて危険な環境下にありました。そのため、貴族や兵隊ではない一般市民でも、剣や槍などの武器を所持して、盗賊や敵から身を守りながら移動し続けなくてはいけませんでした。

前方から来る敵を迎え撃つには、利き手である武器を持つ右側に敵を回した方が都合が良く、鈍い左側が敵から遠ざかって安全なので、左側通行が原則であったということです。


では、世界はなぜ突然に右側通行が主流になったのでしょうか?



世界の90%の道を右側通行にした男

中世あたりまで世界は左側通行だったのに、今日の諸外国のほとんどが、右側通行になっているのは、ナポレオン(1769〜1821年)が世界に右側通行を定着させたという説が一般的です。

「史上最大の交通インフラ整備を行ったのはナポレオン」といわれていて、征服した地域の交通網の開発を積極的に行ったといわれています。ナポレオンは、フランス革命まっ最中の1792年に、正式にフランス国内外の右側通行を法令にしたという記録が残っています。

実際に上の世界地図の画像でも分かるように、現在でも左側通行を採用している国々のほとんどは、ナポレオンに征服されなかったイギリスと、その植民地であることが明白で、日本もナポレオンの支配がなかった国のひとつです。

"

なぜ日本の道路は左側通行なのか? 調べて分かった歴史の裏側 | ケメ子のウェブログ (via yukiminagawa)

(shinodddddから)

7月 12, 2014
"銀座線と半蔵門線は渋谷から都心に向けて出発したあと、表参道、青山一丁目という乗換駅でほぼ毎日出会っていた。

付き合っているといえばそう見えるかもしれないけれど、幼なじみのふたりは、お互いを恋人として意識していないつもりだった。

そんなふたりの前に、赤坂見附でとつぜん四谷方面から丸ノ内線があらわれる。

銀座線は丸ノ内線と恋に落ちてしまう。"

@nifty:デイリーポータルZ:お正月特集「共感ゼロ」路線図にはラブストーリーが隠れてる (via dailyportalz)

銀座で丸ノ内線と別れた銀座線は、三越前で半蔵門線と再会して――

(gkojaxから)

Tumblrでのスキな投稿: スキな投稿をもっと見る »